*

柔らかいイメージのラウンドカフス。Yシャツの袖口によって、全体の表情も変わってきます。

袖口のポイント|ラウンドスクエアカットオフ

ラウンドカフ。袖口が丸味を帯びたタイプです。通常よく販売されてるのがこちらの、ラウンドカフスです。ビジネスシーンでも活躍するシャツですね。

袖口のタイプは、ラウンド →スクエア →カットオフ
右に行くほどフォーマルになります。カッチリしたときほど右のを選ぶとOKです。
他にも、ダブルとかコンバーチブルとかありますが、通常この基本3つでOkです。

ラウンドカフス

 

とても小さいディテールに見えますが、実際にスーツを着るとシャツなんてこのカフスの先っぽと、襟しか見えないんです。それだけ違いで着こなし表情が出て、相手に与える印象も変わってくるので、是非参考にして下さい。

 

関連記事

夏場の味方ビズポロとは?購入のポイントは?初めてのビズポロの購入。

夏の定番となってきたビズポロ。クールビズが浸透した昨今では選択肢の一つとして大活躍間違いないです。

記事を読む

no image

Yシャツの選びのポイント。購入する時におさえておくポイントは?

シャツ選びの順番は? Yシャツを選ぶ時は、いきなり自分の好きな柄やカタチを選んではダメです。 購

記事を読む

Yシャツをカチっと決めたい時には、スクエアカフス。意外と目立つYシャツの袖口。

袖口のポイント|ラウンド|スクエア|カットオフ| スクエアカフス。袖口に加工がなくとて

記事を読む

クールビズは日本発祥の文化。案外知られていないのですが日本うまれのシステムなんです。

 クールビズとは、そもそも何なの? クールビズは「ノーネクタイ、ノージャケット」を合言葉に、働く男

記事を読む

大切な場面ではカットオフカフスのYシャツがお勧め。よりドレッシーな表情作りを。

袖口のポイント|ラウンド|スクエア|カットオフ| カットオフカフス。袖口にカットオフを

記事を読む

夏はリネンのジャケットの季節

初夏から秋にかけては涼しげなリネンスタイルが大活躍。 キーワー

実戦編6 ジャケパン&スーツの着こなし「5月6月は服選びに差がでます。この季節はポロシャツを使いこなせ」

5月を過ぎ、6月と夏というにはちょっぴり早いそんな季節。かといって長袖

実戦編5 ジャケパン&スーツの着こなし「春に重めの着こなしはNG。春の差し色はパステルカラーで決まり」

暖かくなる春、それまで冬に着ていた重衣料(コートやダウンなど)も含めダ

実戦編4 ジャケパン&スーツの着こなし「こんな春先にはボーダーのニットタイで合わせよう!」

重めのコートでは野暮ったくパステルカラーにはまだ早い。そんな春先に便利

実戦編4 ジャケパン&スーツの着こなし「チェスターコートを着こなしてみよう!」

底冷えの続く冬に欠かせないのがコートです。そこで、今回はコートの中でも

→もっと見る

PAGE UP↑
QLOOKアクセス解析