*

結婚式にはシッカリした失礼のない服装こそが、おとなのモテ着こなしです。結婚式ファッションの楽しみ方。

結婚式にジャケパンで出席しても大丈夫ですか?

wedding15123  結婚式というのは、両家の親族にとって人生の中でも、高い格調の式になります。この格調に対してどうあるべきかを考えることが大切な要素です。ジャケパンスタイルよりは、スーツの方が格調は高くなります。そのような理由から、新郎新婦との間柄がどれだけ親しくても、両家の親族がおられますので、ジャケパンスタイルは好ましくありません。スーツで出席するようにしましょう。
また、最近では披露宴は行わず、結婚式+結婚パーティーのスタイルも珍しくありません。1.5次会へのお呼ばれには、両家の親族が参加するかどうかを予め聞いておいて、親族が参加されるようでしたらスーツで参加するのが望ましいでしょう。式的な意味合いが濃い場合はスーツ、パーティーの色が濃い場合は常識の範囲内であればジャケパンスタイルでも差し支えありません。

2次会以降については、ジャケパンスタイルなどの洒落た格好での参加も良いとされています。そんな2次会でも「2次会だし、いつもの服でもOKじゃん」とラフなイメージを持ちすぎて、ジーンズやカーゴパンツなどで登場する人もいますが、ジーンズやカーゴパンツなどはもともと仕事着・作業着です。女性の方もソレ相応の服装で参加される場合が多い中、女性をペアと見立てたときにあまりバランスを崩さない程度の着こなしが求められます。求められているということは答えを間違うと「あ~あ」と自分の格を下げてしまうことになります。つまり場違いな服装は避けるのが賢明です。
結婚式のファッションというのは、非日常的なファッションです。見方を変えると、結婚式ファッションというのはある種のコスプレの要素を含んでいます。それならば、そのコスプレを楽しむぐらいの余裕で結婚式の着こなしを楽しみたいものです。そう考えると、自分の個性を出しすぎてワークブーツで登場するという恥ずかしい失態も少なくなるはずです。
式への参加する時は、洋服で自己主張するのではなく、結婚式なら結婚式の服装を楽しめるようなスタンスを持ちたいものです。

関連記事:
ジャケパンのコツとは…
スーツは何種類あるの?
意外と知らないパンツの裾上げ
お答えQ&A…
レベルアップ1point

関連記事

[スーツ・ジャケパン]大人なトラッドを着こなす③ブラックウォッチ柄

トラッドなチェックを制する「ブラックウォッチ」 チェック柄といえば可愛い印象がありますが、トラッド

記事を読む

ジャケパングレンチェック

[スーツ・ジャケパン]大人なトラッドを着こなす⑤ グレンチェック

非常に使いやすいグレンチェック ここまで様々なトラッドな柄を見てきました。ヘリンボーン、ブラックウ

記事を読む

トラッド

[スーツ・ジャケパン]大人なトラッドを着こなす⑦2つボタン?3つボタン

流行とは面白いもので新しいモノが完成されたも、古いモノは未完成だと思わせてしまう何かが存在しています

記事を読む

no image

Q&A:とりあえず使えそうな靴を1足だけあげるなら…。手持ちのお金は限られている、そんな急な場合には読んで下さい。

ずばり、 黒のストレートチップの内羽根の靴で、穴の装飾(メダリオン)がない靴です。ちょっと堅い感じ

記事を読む

冬のジャケパンスタイルとダウンジャケットのコーディネイト着まわし術。

寒い冬、見るからに暖かいダウンジャケットの存在は外せません。今回は、そんなダウンジャケットとジャケパ

記事を読む

Q&A:スーツの上着を使って、ジャケパンなどの着まわしするのはおかしいですか?スーツの単独使いはアリなのか?

答えからいうと、スーツの着まわしはNGです。 スーツの上着って、ジャケットと形もよく似ているし

記事を読む

ダブルスーツの打ち合いの深さと浅さとの関係性。年代や体型に合ったダブルスーツを着こなすために。

ダブルスーツの打ち合いを考察① ダブルスーツのルックスを別名でダブルブレストと呼びます。どちらも通

記事を読む

ジャケパンとは?

そもそも、ジャケパンとは? ジャケパンスタイルも定着してきました。 しかし、着こなしの幅も広がっ

記事を読む

スーツやジャパンのジャケットの、流行り廃りを見極めるポイントを知る。

例えば一時期前までは、着丈の短いスリムなジャケットが人気でした。しかし今見るとどうみても浮かれたホス

記事を読む

夏のジャケパンスタイルには、ポロシャツを合わせてみるのも好感度が上がります。

夏のマンネリからの脱却 手持ちのアイテムだと着まわし方もマンネリしてきて、気がつけばいつもと同じ格

記事を読む

夏はリネンのジャケットの季節

初夏から秋にかけては涼しげなリネンスタイルが大活躍。 キーワー

実戦編6 ジャケパン&スーツの着こなし「5月6月は服選びに差がでます。この季節はポロシャツを使いこなせ」

5月を過ぎ、6月と夏というにはちょっぴり早いそんな季節。かといって長袖

実戦編5 ジャケパン&スーツの着こなし「春に重めの着こなしはNG。春の差し色はパステルカラーで決まり」

暖かくなる春、それまで冬に着ていた重衣料(コートやダウンなど)も含めダ

実戦編4 ジャケパン&スーツの着こなし「こんな春先にはボーダーのニットタイで合わせよう!」

重めのコートでは野暮ったくパステルカラーにはまだ早い。そんな春先に便利

実戦編4 ジャケパン&スーツの着こなし「チェスターコートを着こなしてみよう!」

底冷えの続く冬に欠かせないのがコートです。そこで、今回はコートの中でも

→もっと見る

PAGE UP↑
QLOOKアクセス解析