*

はじめてのオーダーメイドスーツ。オーダーメイドの種類と値段や敷居は?

オーダースーツって敷居が高くない?

やはり自分だけのスーツを作るのは、胸が高鳴るものです。既製のスーツではありえない、カラダにフィットするスーツは、見てるほうも気持ち良く感じるものです。今では、4~5万円程度からでも、オーダーできるのでせっかく買うならオーダーメイドで、愛着のある1着を持っておくのも後学のため是非チャレンジしてみて下さい。

まず、お店選びのポイントです。
オーダーメイドのお店って、実はそんなに多くなく、しかもこじんまりとしたお店が多かったりします。その上に、やはり最初は敷居が高く感じるの事実です。いきなりスーツをオーダーするのにためらいがあるようならば、シャツのオーダーからお願いしてみるのも一つの手です。それでお店の雰囲気が合えばツースをお願いしていきましょう。
オーダースーツを作るときは、基本的に店員さんにお任せするのがベターです。あまり流行を取り入れてしまうと、スグに着れないくなります。「トラッドな感じで」とか「クラシックな感じで」などで注文するとよいでしょう。

オーダースーツ

オーダースーツを作っていく過程では、採寸他に、オプションに設定がとても多いです。ボタンとかスリットとか多岐にわたります。いいなーと思ってアレもコレもつけてたら、思いのほか高い金額になります。目立つ箇所として、ボタンだけは、少しいいのを選んでください。他の自分が理解できていなオプションはつけなくても大丈夫です。ネーム刺繍は入れたいところです。
オーダーの場合は生地が限られている時があって「また次回、同じ生地で」というのが出来ない場合があります。一応そこは店員さんに確認した方がいいです。もし、生地の限られている場合は、パンツは2本程度作っておいた方がいいです。その場合は、1本はシングルで、1本はダブルで裾上げすれば用途も広がります。それと、ジレなどもお金があったら作っておいた方が、後でオーダーするよりも安上がりになります
 オーダースーツはきっと、愛着ある1着になるでしょう

 

関連ページ:
着こなしワンポイントアドバイス
聞きたいQ&A

関連記事

no image

オーダースーツの敷居は高くないですか?オーダースーツは、実はそんなに高くないのです。コスパで選ぶオーダー。

オーダースーツの種類とメリットデメリット 一見敷居が高そうに見えるオーダースーツですが、実はその内

記事を読む

polopolo
実戦編6 ジャケパン&スーツの着こなし「5月6月は服選びに差がでます。この季節はポロシャツを使いこなせ」

5月を過ぎ、6月と夏というにはちょっぴり早いそんな季節。かといって長袖

men-styles-brown-accessories[1]
実戦編5 ジャケパン&スーツの着こなし「春に重めの着こなしはNG。春の差し色はパステルカラーで決まり」

暖かくなる春、それまで冬に着ていた重衣料(コートやダウンなど)も含めダ

knittai
実戦編4 ジャケパン&スーツの着こなし「こんな春先にはボーダーのニットタイで合わせよう!」

重めのコートでは野暮ったくパステルカラーにはまだ早い。そんな春先に便利

beards-and-men[1]
実戦編4 ジャケパン&スーツの着こなし「チェスターコートを着こなしてみよう!」

底冷えの続く冬に欠かせないのがコートです。そこで、今回はコートの中でも

37[1]
実戦編3 ジャケパン&スーツの着こなしレポート スタンダードだから清潔感を保て。

今日の見ていきたいのはグレーのウールジャケットを中心としたジャケパンの

→もっと見る

PAGE UP↑
QLOOKアクセス解析