*

スーツ・ジャケットの袖丈の長さの基準って?短い長いそれぞれのイメージ。

 長い短い、どっちがいい?お直し?

袖丈の長さは何センチと決まったものはありませんが、長過ぎるとスーツに着られてるように見えてしまうし、短いと何か動作をする度に袖口がズリ上がって不恰好です。
一般的に分かりやすい表現で「スーツの袖の長さは、スーツを着て立った状態で机に手の平をつけて、手の甲にスーツの袖口が丁度つくかつかない程度。」と言うのが一般的です。自然に立った状態だと、手首のくるぶし(豆状骨)ぐより少し短い程度を目安にするとよいでしょう。そこから、Yシャツが1~1.5cm程度はみ出るぐらいが、自然でキレイな着こなしとなります。
sode 先にも述べましたが、スーツのサイズを一番最初に決めるのは肩のフィット感を優先することになります。既製品の場合、様々なシルエットの上着が販売されていますが、袖丈の目安は肩のフィット感の次となり、ジャストサイズをがあるとは限りません。その場合、袖丈が長く気になるようでしたら、袖丈を詰める事をオススメします。袖丈詰めは、袖の肩側の生地を詰める事になる大きなリフォームです。通常1~2週間程度で約5~6000円でリフォームしてくるところが多そうです。
肩と袖丈がジャストになると、見た目的にもグっと着こなし度が上がります。
全てのスーツをお直しするのも費用がかかりますので、お気に入りのスーツの袖丈のお直しぐらいは、よいコストパフォーマンスだと感じます。

関連記事:

関連記事

今や冬のジャケパン・スーツスタイルにとって必需品と言っても過言ではないマスク。

秋から春先にかけて毎年流行するインフルエンザ、それにも増して今では国民全員がウィルス感染に敏感になっ

記事を読む

no image

ジャケパンと靴の合わせ方を見ていきましょう。しっかり系?脱力系?イタリア系など様々な合わせ方。

素足で靴履いても大丈夫? 人気のジャケパンスタイルと靴の、コーディネイトについて見ていきましょ

記事を読む

no image

木製ハンガーは、いい男のたしなみ。脱ぎっぱなしの服はスグに傷みます。まずは良い環境はよいハンガーから。

まだ、ぺたんこハンガーを使ってませんか?  スーツの肩は、立体的に作ってあります。よいスーツならな

記事を読む

冬のジャケパンスタイルとダウンジャケットのコーディネイト着まわし術。

寒い冬、見るからに暖かいダウンジャケットの存在は外せません。今回は、そんなダウンジャケットとジャケパ

記事を読む

20代のジャケパンスタイルのグレーパンツすすめ。20代に人気カラーと着こなし方。

無数にあるジャケパンスタイルの中では、合わせ方によって似合う年齢層があります。若い人には若い人の、年

記事を読む

大人なら、覚えておきたいストライプ。ペンシル、ピンスト、チョーク、ダブル、シャドーいろいろなストライプ

今日は、着こなしの基礎を少し掘り下げて書きます。今回は大半が説明になるので、着こなしについては別のペ

記事を読む

ただスーツを着ているだけでは本物になれない。そもそもスーツって誰が見ているの?

スーツとマナー スーツは制服ではありません。スーツを着るという事は「マナーを着る」と同じ意味合

記事を読む

ジャケットのお尻の切れめスリットにはどんなタイプがあるのでしょうか?

ベントとの違いは? スーツを見る簡単ポイント|ノッチドラペル|ピークドラペル|袖口(切羽)|ベン

記事を読む

ノッチドラペルは定番ラペル。スーツからジャケパンスタイルまで幅広く使用されてるシンプルなラペル。

ノッチドラペルの特徴 スーツを見る簡単ポイント|ノッチドラペル|ピークドラペル|袖口(切羽)|ベ

記事を読む

ジャケパンやスーツの着こなしの重大さを、今更ながら書いてみていと思います。

より良い男になるために当サイトを運営していますが、ちょっと文章を書くのが慣れてきて以前よりは的確に伝

記事を読む

夏はリネンのジャケットの季節

初夏から秋にかけては涼しげなリネンスタイルが大活躍。 キーワー

実戦編6 ジャケパン&スーツの着こなし「5月6月は服選びに差がでます。この季節はポロシャツを使いこなせ」

5月を過ぎ、6月と夏というにはちょっぴり早いそんな季節。かといって長袖

実戦編5 ジャケパン&スーツの着こなし「春に重めの着こなしはNG。春の差し色はパステルカラーで決まり」

暖かくなる春、それまで冬に着ていた重衣料(コートやダウンなど)も含めダ

実戦編4 ジャケパン&スーツの着こなし「こんな春先にはボーダーのニットタイで合わせよう!」

重めのコートでは野暮ったくパステルカラーにはまだ早い。そんな春先に便利

実戦編4 ジャケパン&スーツの着こなし「チェスターコートを着こなしてみよう!」

底冷えの続く冬に欠かせないのがコートです。そこで、今回はコートの中でも

→もっと見る

PAGE UP↑
QLOOKアクセス解析